「令和6年能登半島地震復興支援競輪 高松競輪開設73周年記念玉藻杯争覇戦」(GⅢ)S級戦優勝は浅井 康太選手(三重)!

スクリーンショット 2024-02-21 111917
「令和6年能登半島地震復興支援競輪 高松競輪開設73周年記念玉藻杯争覇戦」(GⅢ)S級戦優勝は浅井 康太選手(三重)!
スクリーンショット 2024-02-21 142916
「(MC:今シリーズ見事制しました、浅井康太選手です。優勝おめでとうございます。)
今日は最後まで応援ありがとうございました。

(MC:大きな声援、そして拍手で迎えられました。まずは、今年スタート苦しいところからでしたが、前回のGⅠから浅井選手らしさが光りました。)
まあそうですね、今年入ってから2回落車してしまって自分の失敗の中で起きた落車なんですけど、その中でしっかりと調整面とか練習面ではなくて、気持ちを込めて競輪に向き合えてるなというところで結果は出ていると思っています。

(MC:心身ともに充実してきましたか?)
心身というか、やっぱり耐えて、耐えて、耐えてっていうところで、ずっと耐え続けながら競輪に向き合っています。

(MC:明るい兆し見えてきましたか?)
まだまだ僕は自力というか、前を走ってるんで中部はまだまだかなっていうところはあるんですけど、もっと自分の背中ではなくて全国の先輩方、もしくは先行選手を見て中部の若手は育って欲しいなと思っています。

(MC:そして、今日の決勝戦。まずはスタートを松浦選手、そして菊池選手が取り合っていました。後ろからどう見ていましたか?)
どうなっても、後ろからではなくて中団、中団攻めようと思っていたので、道中後ろからになったら中団を主張してというところで走ろうと思ってましたね。

(MC:うまく足を使わず、中団は取れたんでしょうか?)
松浦くんが引いてきて、多分町田くんとの連携がちょっと失敗したのかなというところで、 後ろまで引いていったというタイミングだと思うんですけど。

(MC:レース、 動き出してからはいかがでしたか?)
菊池くんがしっかりと駆けるっていう気持ちを見せてたので、自分は中団、中団を回るっていうところで、後は町田くんと菊池くんの先行争いを見てからの勝負だと思ってましたね。

(MC:浅井選手が出ていた時は、松浦選手も合わせるのを覚悟だったと思うんですが、そのあたりは?)
井上さんとは、作戦の時から自分が行き切ったら優勝してくださいってところで話をしていて、一発勝負というところで最終的には仕掛けたところで松浦くんが出てきて、もがき合いになるのかなっていう想定はしてました。

(MC:しっかりポイントがあって、という形でしょうか?)
はい、ホーム過ぎてしっかり仕掛けに行ったんですけど、2コーナー手前で東くんのブロックにちょっと受けてしまって止まってしまったので切り替えて番手に行きましたね。

(MC:最終的に4コーナー回ってどの辺りで優勝を確信しましたか?)
3コーナー回って松浦くんの捲りなので厳しいなと思ったんですけど、しっかりと最後までもがき切れたのが勝利に繋がったと思っています。

(MC:この優勝が今年最初の優勝となります。)
そうですね、まだまだレースは出来ていないっていう風に感じるので、もっとしっかりと自力を出せるような練習をして次の開催もしくは次のGⅠに向けて調整していきたいと思ってます。

(MC:では、改めて応援して下さったファンの皆様に一言お願いします。)
今日は本当に最後まで、応援ありがとうございました。
まだまだ自分の力出し切れていないというところも感じるので、しっかりとこれからも競輪に気持ちを込めて走りたいと思っているので、応援よろしくお願いします。」

とコメントをいただきました!
スクリーンショット 2024-02-21 142850
「令和6年能登半島地震復興支援競輪 高松競輪開設73周年記念玉藻杯争覇戦」(GⅢ)は2月20日()、12RでS級決勝戦が行われ、浅井 康太選手(三重)が見事優勝を飾りました。
スクリーンショット 2024-02-21 144452
浅井選手は今回の優勝で、自身のGⅢの通算優勝回数を34回に伸ばしました!
浅井選手、優勝おめでとうございます!

プロフィール

tkmtkeirin

Author:tkmtkeirin
高松競輪オフィシャルブログへようこそ!

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR